anzu_clip help set 商品検索 amazon | DMM.com | 楽天

テキスト | wiki記法 |小画像 | 中画像 | 大画像 | はてなダイアリー向け
神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
池井戸 潤 [wp]
Amazon Publishing
2017-09-05
Kindle版
[review]
関連商品をチェック
新装版 不祥事 (講談社文庫)
新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)
銀翼のイカロス
なるへそ (Kindle Single)
犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
銀行狐 (講談社文庫)
果つる底なき (講談社文庫)
仇敵 (講談社文庫)
BT’63(上) BT63 (講談社文庫)
花咲舞が黙ってない (中公文庫)
>> anzu_list に追加
>> 「神保町奇譚」で動画像検索 ★

神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
池井戸 潤
2017-09-05
Kindle版
by anzu_clip
神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
池井戸 潤
Amazon Publishing
2017-09-05
Kindle版
by anzu_clip
神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)

神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)

  • 作者/主演: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: Amazon Publishing
  • 発売日: 2017-09-05
  • メディア: Kindle版
  • by anzu_clip

池井戸潤 (wikipedia)

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家。岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。 デビュー前 子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと作家を志すきっかけになった。 1988年、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。1995年、32歳の時に同行を退職し、コンサルタント業のかたわら、ビジネス書の執筆や税理士・会計士向けのソフトの監修をしていた。ビジネス書の執筆業は順調だったが、テーマが限られていることから将来に不安を感じ始め、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。 デビュー後 最終選考での1度の落選を経て、1998年、『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。 2010年、『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。 2011年、『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。 元銀行員の経験を生かしたミステリー(『果つる底なき』)、銀行を舞台にした半沢直樹シリーズ(『オレたちバブル入行組』ほか、『不祥事』など)、中小企業を舞台にした『下町ロケット』、弱小企業野球部の救済を描く『ルーズヴェルト・ゲーム』、企業の不正を描いた『空飛ぶタイヤ』『七つの会議』、政治と若者の就職難をテーマにした『民王』など、幅広いジャンルのエンタメ作品に挑戦している。

Amazon.co.jp review

テレビドラマ化、新聞連載で大好評の「花咲舞が黙ってない」シリーズ最新作は、神保町が舞台。〝一見客お断り〟のこだわりの寿司屋で、臨店を終えた東京第一銀行の花咲舞と上司・相馬健が舌鼓を打っていると、高齢の女性客がひとりで来店した。店主とも顔なじみらしい、上品そうな婦人の話に耳を傾けてみると……。

婦人は五年前に娘を通称〝もやもや病〟で亡くした。神保町界隈にあるベンチャー企業に勤めはじめてまだ3年目の若さだった。遺品を整理していると、産業中央銀行の通帳が出てきた。この日、銀行に出向き、口座の解約を申し出ると、係員に不思議な話を告げられた。娘の死後も口座が〝動いていた〟と。多額の振り込みがあり、一時、残高は3400万円にものぼったが、1ヵ月後にはきれいに引き出され、娘が口座開設時に振り込んだ1000円だけが残っていた。娘に何があったか知りたいと願う婦人の依頼を受け、舞と相馬のコンビが幽霊口座の謎に挑む!

本作品は、2017年9月に中央公論新社から発売された『花咲舞が黙ってない』(文庫版、電子書籍版)に収録されています。


http://doublecrown.under.jp/
doublecrown.under@gmail.com