anzu_clip help set 商品検索 amazon | DMM.com | 楽天

テキスト | wiki記法 |小画像 | 中画像 | 大画像 | はてなダイアリー向け
最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)
司馬遼太郎 [wp]
文藝春秋
2017-04-21
Kindle版
[review]
関連商品をチェック
幕末 (文春文庫)
酔って候 (文春文庫)
合本 世に棲む日日(一)~(四)【文春e-Books】
合本 翔ぶが如く(一)~(十)【文春e-Books】
合本 燃えよ剣(上)~(下)【文春e-Books】
合本 功名が辻【文春e-Books】
合本 義経【文春e-Books】
新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)
殉死 (文春文庫)
吉村昭の平家物語 (講談社文庫)
>> anzu_list に追加
>> 「最後の将軍 徳川慶喜」で動画像検索 ★

最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)
最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)
最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)
司馬遼太郎
2017-04-21
Kindle版
by anzu_clip
最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)
司馬遼太郎
文藝春秋
2017-04-21
Kindle版
by anzu_clip
最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)
最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)
最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)

最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫)

  • 作者/主演: 司馬遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017-04-21
  • メディア: Kindle版
  • by anzu_clip

司馬遼太郎 (wikipedia)

司馬 遼太郎(しば りょうたろう、1923年(大正12年)8月7日 - 1996年(平成8年)2月12日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。 産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。歴史小説に新風を送る。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。 生い立ち 1923年(大正12年)8月7日、大阪府大阪市浪速区西神田町(現・塩草)に、薬局を経営する父・福田是定(薬剤師)、母・直枝の次男として生まれた。兄がいたが2歳で早世し、姉、妹が一人ずついる。乳児脚気のために3歳まで奈良県北葛城郡當麻町(現・葛城市)の母の実家に里子に出されていた。 1930年(昭和5年)、大阪市難波塩草尋常小学校(現・大阪市立塩草立葉小学校)に入学。

Amazon.co.jp review

ペリー来航以来、開国か攘夷か、佐幕か倒幕かをめぐって、朝野は最悪の政治的混乱に陥ってゆく。
文久二年、将軍後見職として華々しく政界に登場した、のちの十五代将軍徳川慶喜は、優れた行動力と明晰な頭脳をもって、敵味方から恐れと期待を一身に受けながら、抗しがたい時勢にみずから幕府を葬り去った。さまざまなエピソードを連ねて描かれる、“最後の将軍”の生涯。

解説・向井敏


http://doublecrown.under.jp/
doublecrown.under@gmail.com