anzu_clip help set 商品検索 amazon | DMM.com | 楽天

テキスト | wiki記法 |小画像 | 中画像 | 大画像 | はてなダイアリー向け
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉
松岡佑子 [wp]
2017-03-16
Kindle版
[review]
関連商品をチェック
ハリー・ポッターと謎のプリンス - Harry Potter and the Half-Blood Prince ハリー・ポッターシリーズ
ハリー・ポッターと死の秘宝 - Harry Potter and the Deathly Hallows ハリー・ポッターシリーズ
クィディッチ今昔 (Quidditch Through the Ages) ホグワーツ図書館の本
吟遊詩人ビードルの物語 (The Tales of Beedle the Bard) ホグワーツ図書館の本
ホグワーツ不完全&非確実 (Kindle Single) Pottermore Presents (日本語)
エッセイ集ホグワーツ勇気と苦難と危険な道楽 (Kindle Single) Pottermore Presents (日本語)
エッセイ集ホグワーツ権力と政治と悪戯好きのポルターガイスト (Kindle Single) Pottermore Presents (日本語)
幻の動物とその生息地 新装版 ホグワーツ・ライブラリー
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部: 舞台脚本 愛蔵版
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』  <映画オリジナル脚本版>
>> anzu_list に追加
>> 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉」で動画像検索 ★

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉
松岡佑子
2017-03-16
Kindle版
by anzu_clip
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉
松岡佑子
2017-03-16
Kindle版
by anzu_clip
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 〈映画オリジナル脚本版〉

  • 作者/主演: 松岡佑子
  • 出版社/メーカー: Pottermore Publishing
  • 発売日: 2017-03-16
  • メディア: Kindle版
  • by anzu_clip

松岡佑子 (wikipedia)

松岡 佑子(まつおか ゆうこ、1943年9月10日 - )は、日本の元通訳で翻訳家・実業家。出版社の静山社社長。福島県原町市(現・南相馬市原町区)出身。 ファンタジー小説「ハリー・ポッターシリーズ」の日本語版の翻訳者として知られる。 1962年 - 宮城県第一女子高等学校(現・宮城県宮城第一高等学校)卒業。 1966年 - 国際基督教大学教養学部社会科学科卒業。 卒業後、松岡幸雄と結婚。 1981年 - この年以降、国際労働機関(ILO)年次総会の同時通訳を担当。 1996年頃 - モントレー国際大学院大学・国際政治学修士。 1998年 - 松岡幸雄死去に伴い、静山社社長に就任。 1999年 - 「ハリー・ポッターと賢者の石」日本語版翻訳。 2001年 - 活動実体を日本に置いたまま、住民票をスイスに移転。 2006年 - 東京国税局の税務調査により2004年までの3年間に約35億円の申告漏れを指摘された[1]。 2007年 - 日本・スイスの相互協議により生活の本拠地が日本であることが認定された[2]。

Amazon.co.jp review

魔法動物学者のニュート・スキャマンダーは、乗り継ぎのために、ほんの少しのつもりでニューヨークに立ち寄った。ところが、魔法のトランクが置きちがえられ、ニュートの幻の動物が街に逃げだすと、あちこちで騒ぎが起こりはじめる….


ニュート・スキャマンダーが執筆したホグワーツの教科書から、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 <映画オリジナル脚本版>が誕生。世界的な大人気ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの著者、J.K.ローリングは、本作で脚本家デビューを果たした。すばらしい想像力、魅力的な登場人物、そして魔法生物が結集して生まれた、最高の語り手による壮大な冒険物語。ファンはもちろん、魔法界が初めての方にも。映画や本を愛する方の本棚に必須の一冊。


映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、2016年11月に公開。




http://doublecrown.under.jp/
doublecrown.under@gmail.com