anzu_clip help set 商品検索 amazon | DMM.com | 楽天

テキスト | wiki記法 |小画像 | 中画像 | 大画像 | はてなダイアリー向け
アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
小松左京 [wp]
文藝春秋
2017-02-10
Kindle版
[review]
関連商品をチェック
実践・老荘思想入門 一喜一憂しない生き方 (角川SSC新書)
突撃! 自衛官妻 (1) (ぶんか社コミックス)
「仮想通貨」の衝撃 (角川EPUB選書)
復活の日 (角川文庫)
見知らぬ明日 (角川文庫)
牙の時代 (角川文庫)
飢えなかった男
文藝春秋SPECIAL 2017年春号[雑誌]
日本沈没 決定版【文春e-Books】
徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪
>> anzu_list に追加
>> 「アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】」で動画像検索 ★

アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
小松左京
2017-02-10
Kindle版
by anzu_clip
アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
小松左京
文藝春秋
2017-02-10
Kindle版
by anzu_clip
アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】
アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】

アメリカの壁 小松左京e-booksセレクション【文春e-Books】

  • 作者/主演: 小松左京
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017-02-10
  • メディア: Kindle版
  • by anzu_clip

小松左京 (wikipedia)

小松 左京(こまつ さきょう、1931年(昭和6年)1月28日 - 2011年(平成23年)7月26日)は、日本の小説家。本名、小松 実(こまつ みのる)。 星新一・筒井康隆と共に「御三家」と呼ばれる、日本SF界を代表するSF作家。1970年の日本万国博覧会でテーマ館サブ・プロデューサー、1990年の国際花と緑の博覧会の総合プロデューサーとしても知られる。宇宙開発の振興を目的とした啓蒙活動にも力を入れ、宇宙作家クラブの提唱者で顧問を務めるなど、執筆以外の活動を幅広いジャンルに対して行っていた。 生い立ち 先祖は阿波(徳島県)の小松から千葉の外房に行った漁師の一族。父親は明治薬学専門学校(現・明治薬科大学)夜学在学中に東京の老舗の漢方薬屋の娘と婚約しのちに結婚した。父親が薬学を捨て電気機械の商いを志し、大阪で金属加工の町工場を興したため、大阪府大阪市西区で五男一女の次男として生まれた。4歳のとき兵庫県西宮市に転居し、その後は尼崎と西宮で育った。京都大学で冶金工学を専攻し三洋電機の技術者となった兄は、戦争のさなかでも科学書を読み漁り、小松に科学の知識を教えた。

Amazon.co.jp review

アメリカにトランプ大統領が誕生して以来、「いま読むべき作品」「現実がSFに近づいた」と改めて注目を浴びている作品。

ときは冷戦時代。ベトナム戦争以降のアメリカは国外問題への関心を急速に失いつつあった。「輝けるアメリカ」「美しいアメリカ」というスローガンを掲げて当選した大統領は、国内問題には熱心だが、対外政策はどこか投げやり。

そんなとき、アメリカは突然、出現した「壁」に囲まれ、外部との交通、通信が一切、遮断されてしまう。
しかし、なぜか大規模なパニックは発生せず、「アメリカは生きつづけるだろう」と語る大統領のもと、アメリカ国民は意外に落ち着いていた。

「どう考えたって・・・・・・これはおかしい」
アメリカ国内に閉じ込められた日本人ライターは、そんな状況を不審に感じて調査を始める。

「アメリカは、“外”の世界に、ひどくいやな形で傷つき、萎縮(シュリンク)しはじめた。そいつは認めるだろ? 今の大統領は、その方向をさらに強め、妙な具合にカーブさせた。彼は“幸福な新天地時代”のアメリカのノスタルジイに訴え、そこからの再出発を考えているみたいだった」
「たしかにアメリカにとっては、“すてきな孤立”だ」

そして男がたどりついた真相とは・・・・・・。

1982年に文春文庫から発売された短編集『アメリカの壁』から、表題作「アメリカの壁」だけを取り出し、電子書籍オリジナルとして発売!


http://doublecrown.under.jp/
doublecrown.under@gmail.com