anzu_clip help set 商品検索 amazon | DMM.com | 楽天

テキスト | wiki記法 |小画像 | 中画像 | 大画像 | はてなダイアリー向け
なるへそ (Kindle Single)なるへそ (Kindle Single)
池井戸 潤 [wp]

2015-04-20
Kindle版
[review]
関連商品をチェック
株価暴落
かばん屋の相続
天上の飲み物 (Kindle Single)
犬にきいてみろ 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
仇敵 (講談社文庫)
パッとしない子 (Kindle Single)
ロングレンジ (Kindle Single)
神保町奇譚 「花咲舞が黙ってない」シリーズ (Kindle Single)
花咲舞が黙ってない (中公文庫)
東京近江寮食堂 (光文社文庫)
>> anzu_list に追加
>> 「なるへそ」で動画像検索 ★

なるへそ (Kindle Single)
なるへそ (Kindle Single)
なるへそ (Kindle Single)なるへそ (Kindle Single)
池井戸 潤
2015-04-20
Kindle版
by anzu_clip
なるへそ (Kindle Single)なるへそ (Kindle Single)
池井戸 潤

2015-04-20
Kindle版
by anzu_clip
なるへそ (Kindle Single)
なるへそ (Kindle Single)
なるへそ (Kindle Single)

なるへそ (Kindle Single)

  • 作者/主演: 池井戸 潤
  • 発売日: 2015-04-20
  • メディア: Kindle版
  • by anzu_clip

池井戸潤 (wikipedia)

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家。岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。 デビュー前 子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどで、いつか自分で書きたいと作家を志すきっかけになった。 1988年、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。1995年、32歳の時に同行を退職し、コンサルタント業のかたわら、ビジネス書の執筆や税理士・会計士向けのソフトの監修をしていた。ビジネス書の執筆業は順調だったが、テーマが限られていることから将来に不安を感じ始め、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。 デビュー後 最終選考での1度の落選を経て、1998年、『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。 2010年、『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。 2011年、『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。 元銀行員の経験を生かしたミステリー(『果つる底なき』)、銀行を舞台にした半沢直樹シリーズ(『オレたちバブル入行組』ほか、『不祥事』など)、中小企業を舞台にした『下町ロケット』、弱小企業野球部の救済を描く『ルーズヴェルト・ゲーム』、企業の不正を描いた『空飛ぶタイヤ』『七つの会議』、政治と若者の就職難をテーマにした『民王』など、幅広いジャンルのエンタメ作品に挑戦している。

Amazon.co.jp review

「なるへそ」は、以前小説誌に書いたきり、どこにも収録されず埋もれていた短編(私にしては珍しく、パロディ)です。今回それが、Kindle Singlesによって“発掘”され、こうして発表の場を得られたのは幸運なことだと思います。(池井戸 潤)

この小説の舞台は、いつも「準備中」の札しか出していない小さな寿司屋『皆藤(かいどう)』。ここに月に一度、各界を代表する四人の専門家が集い、毎回ひとりのゲストを招いては『黒焦げ蜘蛛の会』と名付けた会を開いているのでした。

さて、この夜。いつものように集まった会員たちに、招かれたゲストが自らの悩みを打ち明け、解けない謎を提示します。

その謎を解こうと、侃々諤々(かんかんがくがく)の議論をする四人の専門家たち。しかし、一向に謎は解けません。そんなとき、ある意外な人物がその謎を解き明かしてくれます。

はたしてその人物とは誰でしょう、そして彼らが解けなかった謎とは——?

池井戸 潤(いけいど・じゅん)
作家。慶應義塾大学卒。『果つる底なき』(講談社文庫)で江戸川乱歩賞、『鉄の骨』(講談社文庫)で吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』(小学館文庫)で直木賞を受賞。主な作品に、半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(以上、文春文庫)『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』(以上、ダイヤモンド社)、『空飛ぶタイヤ』、『ルーズヴェルト・ゲーム』(以上、講談社文庫)、『ようこそ、わが家へ』(小学館文庫)などがある。趣味はゴルフ・写真・フライフィッシングなど。





http://doublecrown.under.jp/
doublecrown.under@gmail.com